menu

アイスマニア大西の「アイスクリームレビュー」

アイス雑学・豆知識

アイスクリームに種類があるって知っていましたか?

牛乳にも、牛乳、成分調整牛乳、低脂肪牛乳、加工乳があるように、アイスクリームにも乳成分の量などによって大きく3種類に分類されます

それでは、アイスクリームにはいったいどんな種類があるのか見ていきましょう。

 

アイスクリーム

乳固形分15.0%以上 (乳脂肪分が8.0%以上) 入っているものをいいます。 うん?乳固形分、乳脂肪分??何のこと・・・と思っている人が多いと思います。実は私もそうでしたね。

簡単に言うと、乳脂肪が多く入っている方がミルクのコクがあって、美味しいと思っていただくといいです。

ちなみに、乳脂肪分3%以上入っているのが「牛乳」と呼ばれ、乳脂肪分が0.5~1.5%になると脂肪分が少ない「低脂肪牛乳」となり値段も安くなり、ミルク本来のコクも少なくなってきますあイスクリームと言う分類は、ミルクの本来のコクがあるアイスになります!

 

アイスミルク

乳固形分10.0%以上 (うち乳脂肪分が3.0%以上) 入っているものをいいます。乳脂肪分が3.0%以上なので、アイスクリームに比べて乳脂肪分が少なくなっていますので、ミルクのコクが少し劣ることになります。

ただ、ミルクのコクが少なくなりますが、その分、フルーツの果肉や果汁を多く入れたり、あずきなどを入れたりして、ミルクのコクを補うような工夫をされているアイスが多いですね。

 

ラクトアイス

乳固形分3.0%以上入っているものをいいます。乳固形分10.0%以上がアイスミルクと比べると、かなり数字が落ちるのでミルク感のコクは少なく感じます。

製造過程上、乳固形分が少なくなればなるほど製造コストが安くなるので、値段も安く抑えられます。

さらに乳固形分少ないものは「氷菓子」として売られていますね。60円の破格の安さで販売している「ガリガリ君」はこの「氷菓子」の味です。

 

乳固形分と乳脂肪分について

牛乳やアイスクリームの種類にはこの「乳固形分と乳脂肪分」の含有量で決まってくる、非常に重要な成分と言えます。それでは、一体どうった成分なのか見ていきましょう。

  • 乳固形分:牛乳から水分を取り除いた成分のことをいいます。
  • 乳脂肪分:牛乳に含まれている脂肪分のことをいいます。
  • 無脂乳固形分:牛乳から水分と乳脂肪分を取り除いた成分のことをいいます。

乳固形分と乳脂肪分

無脂乳固形分はタンパク質やカルシウム、ビタミンなど牛乳に期待する栄養分が豊富に含まれている「牛乳の栄養素」となります。

この成分が多いほど栄養が多く含まれ、またミルクのコクもあり美味しい牛乳となります。また、乳脂肪分が多いほどミルクのコクも出ます。

アイスクリームの分類は、牛乳の成分とよく似ていて、乳固形分と乳脂肪分の割合が多ければ多いほど、コクのある高級なアイスクリームとなるのです。

アイスクリームが大好きなアイスマニア大西が、新商品や気になったアイスを実際に食べてレビューしています。是非ともご参考にして頂いて、美味しいアイスを一緒に共有いたしましょう!

最近の記事

  1. グリコ
    こんにちは!アニスマニアの大西です。今回、ご紹介するアイスクリームはグリコから発売されている…
  2. 北海道メロンソフト
    こんにちは!アニスマニアの大西です。今回、ご紹介するアイスクリームはさくら食品より発売されて…
  3. 北海道とうきびアイスモナカ
    こんにちは!アニスマニアの大西です。今回、ご紹介するアイスクリームはさくら食品より発売されて…

おすすめのアイスクリーム

  1. グリコ
    こんにちは!アニスマニアの大西です。今回、ご紹介するアイスクリームはグリコから発売されている…
  2. 北海道メロンソフト
    こんにちは!アニスマニアの大西です。今回、ご紹介するアイスクリームはさくら食品より発売されて…
  3. 北海道とうきびアイスモナカ
    こんにちは!アニスマニアの大西です。今回、ご紹介するアイスクリームはさくら食品より発売されて…
  4. 北海道ソフト
    こんにちは!アニスマニアの大西です。今回、ご紹介するアイスクリームはさくら食品から発売されて…
  5. チーズスティック
    こんにちは!アニスマニアの大西です。今回、ご紹介するアイスクリームは森永製菓から発売されてい…
ページ上部へ戻る